「銘板館」は、会社銘板、アパート名称看板・マンション銘板、あらゆる建物の館銘板を提案いたします。

銘板館 > 建物名称看板のことなら銘板館へ 【施工事例】 > 壁付タイプ (施工事例) > 【 ステンレス箱文字 】 サイズ:H1300×W1120×D200mm【カルプ文字】左社名サイズ:H275×W650×D10mm右社名サイズH325×W585×D10mm

大きいサイズでも壁面にしっかり固定が出来るステンレス箱文字銘板と、軽量な樹脂素材のカルプ文字

おしゃれな会社の看板 事務所看板 屋内の会社表札
おしゃれな会社の看板 事務所看板 切り文字の会社看板
おしゃれな会社の看板 事務所看板 事務所表札
おしゃれな会社の看板 事務所看板 シンプルな会社看板

お客様ご要望

お世話になります。
オフィスのエントランスに箱文字の設置を考えています。
一つ目は【 & 】の一文字で H1300 Wは文字のバランスで調整 商品はステンレス箱文字 鏡面仕上げ
二つ目は【FORUS&Company】 【TRUST AGENT】 こちらは大きさ相談させて下さい。(各文字100mm程度で考えています)
商品はステンレス箱文字 金色 ヘアライン
上記のような商品で考えています。

ご提案のポイント

今回は、大きいサイズでも壁面にしっかり固定が出来るステンレス箱文字銘板(&の文字)をご提案させていただきました。
箱文字で製作出来る最大の厚みの200mmで製作しましたので、インパクトのある看板に仕上がっています。

会社看板は、軽量な樹脂素材かつ比較的安価なカルプ文字で製作し、
白色でシンプルではありますが黒壁との対比が印象的な仕上がりになりました。
銘板館 アドバイザー

関連用語

会社銘板,会社の館銘板,会社の看板,会社表札,事務所看板,事務所の看板,事務所サイン,事務所の表札,おしゃれな会社の看板,箱文字の看板,文字の会社看板,目立つ会社看板,屋内向けの会社看板,ステンレス箱文字看板
【 ステンレス箱文字 】
【 ステンレス箱文字 】
【 ステンレス箱文字 】

ステンレス箱文字 裏蓋式 鏡面仕上げ
カルプ文字 白
会社銘板 事務所の看板 オフィスの表札

【 ステンレス箱文字 】
サイズ:H1300×W1120×D200mm

【カルプ文字】
左社名サイズ:H275×W650×D10mm
右社名サイズH325×W585×D10mm

商品番号 company-jire135

0円(消費税込:0円)

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

銘板売れ筋ランキング ベスト6

- ranking -

  1. ステンレス切り文字
  1. ラフィネ
  1. ステンレス銘板
  1. ソリッドサイン
  1. オーナメントサイン
  1. スタイリッシュグレイン

ご利用案内

- user guide -

会社概要

  • 有限会社ミナミ工芸 銘板館事業部
    大阪本社
    〒535-0022
    大阪府大阪市旭区新森3丁目5番1号

    東京支店
    〒169-0072
    東京都新宿区大久保2丁目20番8号

    メール:info@meibankan.jp
    お気軽にお問い合わせ下さい。

営業日

  • 営業時間 9:00〜17:00 ■赤色は定休日となります。

お支払い方法

配送方法

送料について

  • ・商品代 税別 30,000円以上の場合
     送料無料(弊社が負担いたします)

    ・商品代 税別 30,000円未満の場合
     別途、送料をいただきます。

    →詳しくはこちらをご覧ください

提案希望・ご相談について

  • 特注サイズ、こだわりの銘板もお任せください。資料と設置場所のお写真を添付いただければより適確に、ご提案が可能です。
    →無料ご相談フォームはこちら

    お急ぎの場合は、お電話からでも受け付けます。専門スタッフがわかりやすく対応いたします。

返品交換・キャンセルについて

  • お客様のご都合による返品・交換は、基本的にお受けする事はできません。
    ※万一不良品等があった場合は、新品または、同等品と交換させていただきます。
    商品到着後、7日以内にメールまたはお電話でご連絡ください。
    ※商品到着日から8日以上経過している場合商品の返品はお受けできませんのでご了承ください。

    ご注文後のキャンセルは、基本的にお受けする事はできません。
    お客様諸事情に関して、やむを得ないと判断した場合や弊社の不手際によりご迷惑をお掛けした場合はキャンセル処理をさせていただく場合がございます。
    ※別途、費用をご請求させていただく場合がございます。

↑このページの
一番上へ戻る