耐久性No.1のステンレスをL字に加工し、建物のコーナーへ設置することでエントランスの入り口をスッキリと演出します。アパート銘板、マンション銘板、会社銘板は銘板館へお任せ下さい。

建物名称看板なら銘板館

デザインからお届けまでをプランニングいたします。

(平日9〜12時/13〜17時)銘板館tel

建物の名称看板なら銘板館へ

ー 私たちは建物の表情をつくっています ー

→ その他も見る → その他も見る → その他も見る → その他も見る → その他も見る → その他も見る → その他も見る → その他も見る → その他も見る

銘板館 > 建物名称銘板 【商品一覧】 > コーナーサイン > ステンレスコーナーサイン「レーザー抜き加工」

コーナーサイン「レーザー抜き加工」

他とは違った印象を与えるレーザー抜き加工

最新のレーザー加工技術で仕上げたL字コーナーサインを集めました。
シャープで凛とした表情のステンレス銘板はあらゆる建物とも相性が抜群です。
ステンレスをL字に加工し、建物のコーナーへ設置することでエントランスの入り口を
スッキリと演出します。

コーナーサイン L字看板 シンプルなステンレス コーナーサイン L字看板 レーザー加工看板 デザイン無料提案 送料無料 施工対応

この商品の金額が知りたい!デザインを見てみたい!
サイズ変更で見積もりが欲しい!ロゴを入れたい!

その他のご相談も、まずは下記からお問い合わせください。
この商品について問い合わせる

シンプルな仕上がりでシーンを選ばない

L字タイプのコーナーサインは、建物外壁、モニュメントにも設置が可能です。
耐久性にも優れ、細かいデザインにも対応することができます。
デザイン次第でクールにもスタイリッシュにも変化します。

コーナーサイン L字看板 スタイリッシュなL字看板 コーナーサイン 文字レーザー抜き看板 L字曲げ看板 コーナーサイン 屋外L字看板 ステンレスコーナーサイン

この商品の金額が知りたい!デザインを見てみたい!
サイズ変更で見積もりが欲しい!ロゴを入れたい!

その他のご相談も、まずは下記からお問い合わせください。
この商品について問い合わせる

サイズ・仕様詳細

コーナーサイン サイズ一覧 コーナーサイン 仕様図面
材 質 ステンレス製 (SUS304)
加 工 ベース:ヘアーライン、焼付塗装黒
文字:レーザー抜き加工
L字曲げ、裏側ボルト出し 浮かしあり、又は無し
納 期 デザイン確定後、約18日
同梱内容 施工方法・お手入れ方法説明書・取り付け用部材
データ入稿 入稿データーをお持ちの場合は下記まで送信をお願い致します。
info@meibankan.jp
銘板 ご注意

※ ご注意
近年の大気汚染による酸性雨の影響や、緑地用薬剤の影響などで表面に錆が付着(もらい錆) する事があります。定期的なお手入れをお願いいたします。耐久性を重視される場合は黒色をおすすめいたします。色見本のお色以外は特注となりますので別途お見積りとなります。

※ステンレス製品についてのご注意!

塩害地域に限らず、台風通過後は、速やかに水洗いを行ってください。塩分を含んだ雨をそのままにしておくと、サビが付着し痛んでしまいます。特に新しい館銘板のステンレスは、表面の保護膜が塩害に耐えられない場合があります。

※広範囲へサビが発生している場合

表面を削り、再度ヘアーラインのかけ直しとなります。現場での修復は困難となります。ステンレスは、年数が経つほど保護膜が強化され、錆が出てもそれを取り除き磨けば、以前より保護膜が強化される性質がございます。
施 工
関東一円
東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県
関西一円
大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・三重県・滋賀県・和歌山県

現場調査から施工、メンテナンスまでトータルでお請けいたします。

その他仕上げ別 コーナーサイン

ステンレスコーナーサイン「レーザー抜き加工」
ステンレスコーナーサイン「レーザー抜き加工」
ステンレスコーナーサイン「レーザー抜き加工」

他とは違った印象を与えるレーザー抜き加工のコーナーサイン。
シャープで凛とした表情のステンレス銘板です。

最新のレーザー加工技術で仕上げたL字コーナーサインを集めました。

ステンレスコーナーサイン「レーザー抜き加工」

商品番号 corner-s-ls

通常価格110,000円のところ
0円(消費税込:0円)

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

銘板のデザインは無料

銘板売れ筋ランキング ベスト6

- ranking -

  1. ステンレス切り文字
  1. ラフィネ
  1. ステンレス銘板
  1. ソリッドサイン
  1. オーナメントサイン
  1. スタイリッシュグレイン

↑このページの
一番上へ戻る